AOS Tokyo  - APOSTLESHIP OF THE SEA TOKYO



AOSTOPICS



こんにちは!
日本全国猛暑で大変な日々ですが、いかがお過ごしでしょうか?
今はちょうど盆休みですね。
盆と言っても、また猛暑と言っても港にはたくさんの船が往来しています。
皆さん、暑い中滝の汗を流しつつ任務についておられます。
港は流通の要で止まることができない要衝です。
ですが、みなさん冗談を交えながら働かれています。たまには愚痴もありますが。

さて、今日は学生のボランティアの方が同行してくれました。
最近はWEBを介して我々の活動を知って頂く機会も増えたので
多くのそして多様な方から参加して頂いております。
東京湾という物流のフロントと外国船という異国、そしてそこで働く船員という人がいることを感じていただければ幸いです。
ちなみにみなさん熱心に参加していただきました。
活動を続けてきてよかったなと実感します。
皆さん暑い中ですが、本当にありがとうございました。

今日は運良く?食事の時間に船を訪れたので船の中で食事を頂きました。
軽食のつもりがどんどんお皿が増えていきます。
クッキー、ポテト、ピザ!エトセトラエトセトラ。
あついですねぇ?喉を潤したい?それじゃジュースはいかがですか?
レストランかな?
船のお母さんであるコックさんから次々と振る舞われるお皿にほっこりします。

完食です。たくさんのお皿が並びました。
一体どっちが饗されているのかわからないほどですが、
船ではこれもコミュニケーションなんですね。
我々も同じものを食べると親近感がわきます。同じ釜の飯を食うと言いますが
船での歓待もまたこの趣なのでしょうか?
楽しい時間を共有することの重要さを見た気がします。

そして、数年ぶりに再会する船員に会えました。
活動で最も心躍る瞬間です。
海は未だ危険を伴う現場です。海難や事故、時にテロや誘拐などが潜在する場所です。
実際の生死に直結するところで船員は働いています。
無事に再会することを祈りますが、再会できないこともあります。
そんな中で無事な友人を見つける瞬間、こんな瞬間が一番うれしいです。

皆さん船の中やそこで働く人の姿に興味津々でした。
また、こんなにフレンドリーな感覚なんだと驚かれていました。
そうなんです、過酷な現場だからこそ友好的で親しみやすい空間を作るんですね。
我々AOSもそんな船の中と港を親しみやすい空間にするお手伝いをできれば良いなと
改めて思いました。

皆さんもこんな空間を体験してみませんか?

もし、AOSの活動に興味を持たれましたら、ボランティアや寄付をしてみませんか?
船を訪ねてみたいという気軽な気持ちで参加してみると面白い体験ができます。
どの船も快く迎えてくれますし、AOSスタッフがサポートしますので安心して参加できます。

まずは、こちらをご一読ください ボランティア募集

 

AOS Tokyo / Copyright © 2015 for all Seafarers