AOS Tokyo  - APOSTLESHIP OF THE SEA TOKYO



AOSTOPICS


こんにちは、もうカレンダーは年の瀬を示す頃ですね。
いまAOSはクリスマスに向けて全速前進です。
今年もボランティアの方に集まってもらい毛糸の帽子などを手づくりしています。
手作りの帽子を東京港に訪れる船のクルーにプレゼントしています。
長い航海、特に冬の季節は寒いです。
海の上なので遮るものもなく、波飛沫に煽られて陸とは違う寒さが船にはあります。
そんな寒さを少しでも暖かくと、毎年この帽子のプレゼントをしています。

今日は多くのボランティアの方に支えられてたくさんの帽子が出来上がりました。
箱いっぱい!クリスマスが箱がたっくさんです!
帽子の種類は、どれが当たるかお楽しみです!

船員の方にも好評で、いくつか御礼のメールやお手紙を頂きます。
活動していてこちらもほっこりする瞬間です。



さて、今月は東京港をもっと身近に考えてほしいなということで
東京港クルーズを行いました。
東京の港には様々な施設がありますがそのビューポイントを海から眺めることのできる船旅です。
東京湾の成り立ちから施設の説明や現在の東京港のあらましなどが聞けるクルーズで誰でも参加できます。
http://www.shibaura-cruise.com/ 
芝浦桟橋運河クルーズ

今日はこの東京湾クルーズを利用させていただきました。


お台場やレインボーブリッジなどを散策できるのですが、きれいな施設もあれば老朽化が進んでいる施設も見受けられます。
東京港自体が古いためもあるのですが、港湾施設などはわりと古さを感じることがあります。
岸壁が老朽化して穴が開いている場所がちらほらあったりします。
機能はするのですが、こういったインフラ整備にはお金がかかるため中々改善できない状態です。
海で働く人の安全を守るのもありますが港は我々都民・首都圏の物資流通の要なので早め早めの対策を願います。


と、東京港は悪いところだけではなくいろいろな施設がまたがる珍しい場所でもあります。
お台場にはテレビ局、海岸、アミューズメント施設、そして大量の荷揚げがある東京港の壮大な光景。
クルーズに同行していただいたボランティアの方の視線はあっちこっち大変です。

このような交流企画なども含め、ボランティアの方を交えてレクリエーションも行っています。
少しでも東京の港に興味がおありでしたら、ぜひボランティアに参加してみてください。
きっと東京港や船員が身近に感じられると思います。


もう一つお知らせです。 今年から始めたAOS東京のバザー出店です。
世の中の不況とも相まって、AOS東京に関わる活動費が減額されています。
これはやむを得ない事情もあるのですが、かといってAOS東京の使命である『東京港で船員をサポートする』というミッションを縮小してしまう訳にはいきません。
あまり知名度がない活動ですが、その活動範囲は大きくまた船員から大きな信頼を得ています。
この活動を縮小してはいけないと感じ、金銭面での拡充目的で始めたバザーです。
いろいろなイベントに参加させていただきました。
幾つかスナップ写真を収めましたので掲載させていただきます。
まだ、活動費の多くを支えるまでには至ってませんが今後も物品販売は続けていこうと思います。
どうかAOS東京の活動を続けていくための資金援助をお願い致します。

と、このTシャツ中々好評です。
ネットで買いたいと思いませんか???
まだネットで売る仕組みが整っていないのですが・・
バザーで見かけた際にはぜひお手にとって見てください。
今後の予定は追ってお伝えします。

もし、AOSの活動に興味を持たれましたら、ボランティアや寄付をしてみませんか?
船を訪ねてみたいという気軽な気持ちで参加してみると面白い体験ができます。
どの船も快く迎えてくれますし、AOSスタッフがサポートしますので安心して参加できます。

まずは、こちらをご一読ください ボランティア募集

 

AOS Tokyo / Copyright © 2015 for all Seafarers